1階の展示 -海苔のまち 大森の記憶-

                                          (右上)べかぶね (右下)海苔船 (左)ちゅうべか

“べかぶね”と“ちゅうべか”

海苔の()()りに欠かせない舟は、“べかぶね”あるいは“海苔採り伝馬(てんま)”と呼ばれた小舟です。一人乗りで、摘み採った海苔を入れる(ざる)()んで出かけます。

古くは、この“べかぶね”を()いで海苔(のり)養殖場(ようしょくじょう)へでかけましたが、漁場が拡大(かくだい)するにしたがい、大型の海苔船に積んで往復するようになりました。

また、大型の海苔船が普及する前は、養殖(ようしょく)資材(しざい)の運搬船として、“ちゅうべか”と呼ばれる安定のよい中型船が使われていました。展示の“ちゅうべか”は、貴船(きふね)(ぼり)の船大工“(ふな)(たけ)”に残されていた記録をもとに、平成8(1996)年に復元(ふくげん)されました。

 

海苔(のり)(ぶね)

小舟を()いで行くには遠い沖へと海苔場が広がり、また、千葉県沿岸へ(たね)()け(胞子(ほうし)つけ)に資材を運ぶようになると、大船が必要になりました。明治時代に中古漁船を使うことからはじまり、海苔(のり)専用(せんよう)(せん)として造船されるのは昭和になってからのことです。それが“海苔(のり)(ぶね)”あるいは“親船(おやぶね)”と呼ばれる動力船で、電気(でんき)着火(ちゃっか)機関(きかん)を積んだ船は“チャカ”とも呼ばれました。特に第二次大戦後は、海苔網の支柱(しちゅう)を運ぶために各戸で必要となり、昭和38(1963)年の海苔養殖廃業(はいぎょう)()には、大森には700(そう)あまりの海苔船があったといわれます。

 

この海苔船は、昭和33年に大森の伊藤安太郎氏の依頼で貴船堀の船大工“船竹”(小島氏)で造船され、海苔漁業の終了後、昭和40年に伊東嘉一郎氏が(ゆず)り受け、釣り船として使ってきた船です。大森の海苔船として現存する最後の一艘です。

海苔(のり)()()(再現)

  海苔生産者の冬の朝は早く、深夜(しんや)2時ごろには“付け場”の電灯(でんとう)がともり作業が始まります。“付け場”は母屋(おもや)一角(いっかく)を張り出すように作られた作業部屋で、夜明けまでに“海苔付(のりつ)け(海苔()き)”をしました。これは、昭和30年頃の付け場を再現しています。窓の外には、井戸から()んだ水を一時ためる“導水管(どうすいかん)”があり、その水を“付け(だい)”の(わき)へ置いた“付け(だる)”へ流し込み、(きざ)んだ海苔を()かします。“付け(だい)”には“付け(わく)”を()せた“海苔簀(のりす)”が置かれ、その枠の中に“付け(ます)”で水に溶いた海苔を流し入れて簀に付けます。

大森 海苔のふるさと館   〒143-0005 東京都大田区平和の森公園2-2     Tel 03-5471-0333 Fax 03-5471-0347