大森 海苔のふるさと館へようこそ

昭和38(1963)年春、大田区をはじめとする東京都沿岸での海苔養殖は、その長い歴史に幕を閉じました。江戸時代の中頃から作り始められた大田区の海辺の海苔は、味・量ともに全国一を誇り、ここから全国へ海苔生産方式が伝えられました。長らく先駆的役割を果たしてきた“海苔のふるさと”です。

 

平成20(2008)年、「大森 海苔のふるさと館」は、海苔の“本場(ほんば)”とも称されたこの地に開館しました。国指定の重要有形民俗文化財「大森及び周辺地域の海苔生産用具」(881点)の展示を中心とした、地域文化の伝承と創造の場の誕生です。

 

大田区の沿岸部の人々にとって、“海苔はふるさとのシンボル”であり、養殖が終わった今でも語り尽くせぬほどの心の財産となっています。また、そうした“海苔”にあらためて注目することが、海辺の自然・四季の変化にも目を向けていただく機会となれば幸いです。




手ぬぐい

当館オリジナルデザインの手ぬぐいを
窓口にて販売中です!

おでかけできない日も、
おうちに帰ってからも、
楽しくまなぼう!

東京湾の最新情報が集まる
フェイスブックのグループページ。
興味のある方ならどなたでも参加できます。
上の写真をクリック!


開催中の企画展



東京文化財ウィーク2021

期間:令和3年10月1日(金)~ 11月30日(火)

当館では国指定重要有形民俗文化財「大森及び周辺地域の海苔生産用具」を通年公開しています。

東京都文化財ウィークの詳細はこちら。

ニュース


NPO法人海苔のふるさと会では、ふるさと館での出来事などを紹介するニュース(会報)を年に6回発行しています。

大森 海苔のふるさと館ニュース81号(令和3年9月発行)

海苔簀の材料準備/天空ガーデンとハーブ

新着情報


2021年


ボランティア募集中

海苔のふるさと館でボランティアしてみませんか?
来館者へ海苔の歴史や技術を伝えていきましょう!
随時、募集しています。お問い合わせください。

※ 現在は、感染症対策のため活動の一部を休止・制限しております。


SNS




令和3年度 催し物スケジュール

 

日程 催し物 対象 受付開始日
10月 9日(土)  海苔簀づくり 小学3年生以上  終了しました
23日(土)  浅草海苔のふるさと 大森を歩く 小学5年生以上  定員に達しました

土日のみ開催

(2・3・9・10・16・17・23・24・30・31日)

 クイズ!浜辺の小さな生き物たち どなたでも  開館時間中いつでも
 (受付は16:30まで)
11月 20日(土)  大森の伝統を学ぶ海苔つけ体験 小学3年生以上  10月21日(木)9:00~
28日(日)  大森の伝統を学ぶ海苔つけ体験 小学3年生以上  10月21日(木)9:00~

令和3年度 催し物年間予定

令和3年4月から令和4年3月までの催し物の予定です(クリックしてください)


カレンダー


MAP


紹介動画 



大森 海苔のふるさと館   〒143-0005 東京都大田区平和の森公園2-2   

              Tel 03-5471-0333     Fax 03-5471-0347