おうちミュージアムへ初詣

海苔生産者のお正月

元海苔生産者は、どんなお正月を過ごしていたのでしょうか?

大田区の海苔生産地のお正月をのぞいてみましょう。


竹ヒビで海苔ようしょくをしていたころ(大正時代から昭和20年ごろまで)は、竹ヒビが水面から出る干潮(かんちょう)の時間帯に海苔とりをしていました。

 

12月は、一番昼にしおが引かない時期です。しおが引いても竹ヒビのせんたんがようやく水面に出るていどでした。海苔がついている部分は海の中なので、きき手のそでをかたまでめくり、うでを海水に深く入れて海苔をとりました

 

夜しかしおが引かない日は、石油のカンテラやカーバイトランプで明かりを照らして海苔をとり、深夜12時か1時ごろに帰ってきました。そのことを夜浜(ヨバマ)といいます。

 

よくじつの海苔の作業は、深夜1時か2時ごろから始まります。そのため、ヨバマから帰ってくると、かみんをとるかとらないうちに海苔のかこうを行います。始めに海苔切り、次にきざんだ海苔を水にといて海苔つけをします。その日にとれた海苔のりょうによって、3~5時間ぐらい行います。海苔の水を切る間にごはんを食べ、朝の7時か8時ごろに海苔ほしをしました。

 

昼間に休んで、午後に海苔はがしを手つだって、夕方またヨバマに行き、海苔とりをしました。正月は夜にしおが引くことが多く、ヨバマで正月をむかえることもあり、正月も休まずはたらきました

 

ヨバマは4日間つづき、5日目は昼にしおが引かない「潮合い(シオアイ)」で、仕事を休みます。正月の仕事休みを「潮合い正月」といいました。

竹ヒビで海苔とり 昭和10年代 東京都島しょ農林水産総合センター所蔵
竹ヒビで海苔とり 昭和10年代 東京都島しょ農林水産総合センター所蔵

海苔生産地のお正月の風景

たこあげをして遊ぶこどもたち 大田区・羽田 横山宗一郎氏撮影
たこあげをして遊ぶこどもたち 大田区・羽田 横山宗一郎氏撮影
羽田消防団の出初式 昭和30年代 横山宗一郎氏撮影
羽田消防団の出初式 昭和30年代 横山宗一郎氏撮影

海苔でお正月

 

海苔を使ったおせち料理、お雑煮、お正月におすすめの海苔の食べ方などが載っているサイトをご紹介します。

海苔でお正月を楽しんでくださいね。

 

(1)お雑煮編

千葉県上総地方では、房州産の「はばのり」という海藻を入れた雑煮を食べるそうです。地域によって千葉産の青のりや焼きのりを入れるところもあるようです。

はばのりのお雑煮(千葉県のサイト)

 

島根県では、出雲市十六島湾近辺でしかとれない十六島海苔(うっぷるいのり)という海藻を使ったお雑煮を食べるそうです。

十六島海苔のお雑煮(島根県のサイト)

 

(2)海苔のレシピ編

海苔のレシピを掲載している海苔問屋、海苔店のサイトを紹介します。

大森水産株式会社(大田区大森)  江戸時代からの老舗問屋が合併

金子海苔店(大田区大森) 慶応2年創業の老舗海苔店

川森屋(大田区大森) 川森屋海苔レシピコンテストの応募レシピを紹介

守矢武夫商店(大田区大森)  

吉田海苔店(大田区大森) 料理研究家林幸子氏の「海苔を使ったおいしい料理」レシピ

山本海苔店(中央区日本橋) 嘉永二年創業の有名海苔店 

丸山海苔店(築地) 安政元年日本橋創業の大手海苔店

大森屋(大阪府) 海苔の本場大田区大森から命名した大阪の海苔屋

白子のり 有名海苔店

千葉海苔問屋協同組合 東京湾の海苔

大森 海苔のふるさと館   〒143-0005 東京都大田区平和の森公園2-2   

              Tel 03-5471-0333     Fax 03-5471-0347