開催中の企画展

2階にある企画展コーナーでは、その時々のテーマで海苔や地域のことを紹介しています。


写真展「竹ヒビで海苔を採っていたあの頃-海苔網以前の海苔養殖-」

令和2年11月17日(火)~令和3年4月18日(日)

大田区沿岸の海苔養殖は、江戸時代中期に海の浅瀬にヒビと呼ばれる粗朶木を建て、それに海苔の胞子をつけて育てるという技術が確立することで始まりました。大正中ごろからは竹を使った竹ヒビが使われ始め、昭和20年以降に海苔網が主流になるまで続きました。

木ヒビから竹ヒビへ変わったのは、明治半ばから急速に漁場が沖合へと広がるにつれ、丈の長いヒビが必要となったためです。竹ヒビは、真竹に竹の枝を継ぎ足して5~6メートルの深い漁場に建てることができました。また、木ヒビは1年しか持ちませんが、竹ヒビは修理をすれば2~3年と木ヒビよりも長く使うことができました。

竹ヒビによる海苔養殖は、夏に竹を加工するヒビこさえから始まり、秋のヒビ建てを経て、ようやく冬の海苔採りになります。海苔採りは潮が引いたときに行なうため、夜間に潮が引く時期は「夜浜」といって、夜間に海苔採りに出かけることもありました。

今回の企画展では、竹ヒビを使っていた主に昭和10年ごろの海苔養殖の写真を中心に展示します。今では見ることができなくなった、海苔網以前の竹ヒビでの海苔養殖をご覧ください。



大森 海苔のふるさと館   〒143-0005 東京都大田区平和の森公園2-2   

              Tel 03-5471-0333     Fax 03-5471-0347