開催中の企画展

2階にある企画展コーナーでは、その時々のテーマで海苔や地域のことを紹介しています。


企画展「一枚の海苔簀(のりす)ができるまで -海苔づくりを支えた道具たち-」

令和2年8月18日(火)~11月15日(日)

大田区で海苔生産をしていたころは、生産者自らが道具の多くを手作りしていて、海苔簀もその一つでした。海苔簀は海苔を付けて乾燥させるための簀のことで、一日4~5,000枚の乾海苔を生産する家であれば、10,000枚以上は保有していました。更に海苔簀は毎年三分の一ずつ新調したのです。

海苔簀の主な材料は河原に自生する葦で、7月20日過ぎからヨシ刈り、揃える作業、ヨシ干し、葉落とし、選別の作業などが続きました。海での作業が始まる晩秋まで、毎日家族全員で夜なべをして数千枚の海苔簀を編みました。海苔は冬の仕事として知られますが、夏から準備は始まっていたのです。

今回の企画展では、海苔の良し悪しを支えていた海苔簀に焦点を当て、材料調達から一枚の海苔簀ができるまでを紹介します。かつての写真や道具と、ふるさと館で毎年行っている体験「海苔簀づくり」の準備作業を合わせてご覧ください。



大森 海苔のふるさと館   〒143-0005 東京都大田区平和の森公園2-2   

              Tel 03-5471-0333     Fax 03-5471-0347