企画展

2階にある企画展コーナーでは、その時々のテーマで海苔や地域のことを紹介しています。


海苔づくりの風景 -海苔つけという技術-

令和元年11月19日(火)~令和2年4月19日(日)

海苔養殖は江戸時代に品川から大森の沿岸部で盛んになったとされます。そして、その技術は全国各地に伝播し、新たな海苔生産地の開拓に大きな影響を与えました。しかし、港湾整備計画や漁場環境の悪化などのため、昭和37年に漁業権放棄が決定し、翌38年春の海苔とりをもって、約300年にわたる海苔養殖の歴史は幕を閉じました。
生海苔を四角く成型する作業は、元々江戸時代には海苔簀の上に手で広げる「手広げ」でした。その後、紙漉きに近い方法の「家鴨付け(水付け)」が行われました。大森から千葉県人見村(現君津市)や広島県に海苔生産技術が伝播した際、この方法が伝わり、上総地域では昭和30年代まで、水付けが行われていた記録があります。
その後大田区では、水と混ぜた海苔を、枠を乗せた海苔簀へ、投げつけるように広げる「投げ付け」という方法で行われるようになり、大田区ではその製造法から「海苔を付ける」と表現しました。
今回の企画展では、館所蔵の海苔養殖作業の写真パネルの中から、海苔つけ作業風景を中心に展示します。展示を通じてかつて大田区の一大産業であった海苔養殖を振り返るとともに、大田区と千葉県の海苔の成型方法の違いについて知る機会となれば幸いです。


大森 海苔のふるさと館   〒143-0005 東京都大田区平和の森公園2-2     Tel 03-5471-0333 Fax 03-5471-0347