海苔つけ体験(学校)

区内、区外を問わず、学校の海苔つけ体験は無料で実施できます。実施時期は、11月下旬から翌年3月までです。(令和2年度は締切日なし)

   新型コロナウイルス感染症防止対策に伴い、例年とは体験形式が大幅に異なります。

   体験をお考えの際は、当館へお問い合わせください。

 



体験内容

  • 職員またはボランティアの指導で、1人2枚または1枚の海苔つけを体験します。
  • 翌日以降、2日以内に取りに来てください。1組でダンボール1箱の量です。
  • 完成した海苔は「乾海苔」です。火であぶって焼海苔にするとおいしく食べられます。焼き方の説明文をお渡しします。     ※ 令和2年度につきましては、体験で作った海苔は食べることができませんのでご了承ください。
  • 海苔簀は洗ってきれいにしてご返却ください。
  • 学校の費用負担はありません(運搬は除く)。

体験モデル ※令和2年度につきましては異なりますのでご注意ください。

 海苔つけ体験は、約1時間かかります。クラス数に応じた体験モデルをご参考にしてください。

  •  1クラス(約1時間30分)

    海苔つけ体験(約1時間)+自由見学(約30分)

  •  2~3クラス(約2時間~2時間半)

  1組・海苔つけ体験(約1時間)、 2組・ビデオ観賞(20分)+自由見学(約30分)

  時間になったら、1組と2組が交代して2組が体験を行う。

  •  3~4クラス以上(約2時間半)

  一学年を2つのグループに分ける。

  前半のグループ・海苔つけ体験(約1時間~1時間30分)、後半グループ・ビデオ観賞(約20分)+自由見学(約30~60分)

予約

  • 令和2年度については申込締切日はありません。先着順で受け入れています。最新の状況は電話にてご確認ください。
  • 体験は、午前中に実施できるよう計画してください。
ダウンロード
学校利用連絡票.pdf
PDFファイル 81.9 KB


大森 海苔のふるさと館   〒143-0005 東京都大田区平和の森公園2-2   

              Tel 03-5471-0333     Fax 03-5471-0347